敏感肌にも馴染むファンデーション|下地作りの強い味方

肌を改善するためには

保湿

肌質は各個人個人によってことなり、それによって化粧品選びも大きく異なります、乾燥肌の方には、乾燥肌用の化粧品が存在しています。低刺激の化粧品で、丁寧に肌ケアを行うとよいでしょう。

この記事を読む

乾燥した肌をケアするには

肌ケア

乾燥肌は、食生活や生活習慣が乱れることも原因になる場合があります。出来るだけ規則正しい生活、またバランスのよい食生活を送れるようにすることで、肌に対して悪影響がでないように心がけましょう。また、化粧水なども自分の肌の状態に合わせたものを選ぶようにするといいでしょう。

この記事を読む

商品が活躍しつつあります

洗顔

クレンジングにおいて、商品選びも大切ですが、肌を傷めないクレンジング方法も大切となります。また、近年では高齢化の流れからエイジングケアのできるクレンジングも増えてきており、その際敏感肌をいたわりつつ汚れも落とす天然由来のオイルも活躍しています。

この記事を読む

敏感な肌のベースメイク

メイク用品

花粉や紫外線カット

敏感肌の女性の中には、かぶれる心配からノーメイクで日常を過ごす方が少なからずおられますが、肌を外部刺激から守るためにはメイクは必要であるというのが、化粧品業界の常識となっています。ファンデーションを肌にのせるだけで肌を守り、美肌キープに役立てることができます。クリームやリキッドファンデーションは肌への馴染みが良く、ムラになりにくいため人気があるものの、成分が肌に浸透しやすく、刺激に繋がりやすいため、パウダータイプが敏感肌の女性からは人気を集めています。パウダータイプはサラッとのせることができ、花粉などの付着もサッと払い除けることができる魅力が挙げられています。また、チタンや酸化鉄などの微粒子パウダーが紫外線をはね返すバリアの役割を果たしてくれるため、様々な刺激から守れるメイクは、敏感肌の女性から支持されています。

衛生的で刺激レス

敏感肌の女性は天然成分配合となる化粧品を選び、肌トラブルを避けたケアに努めています。ベースメイクをする時には、ファンデーションを顔に塗り広げますが、現在、色んな種類のベースが展開されており、選び方1つ工夫することで、刺激を与えずにメイクを施すことが可能です。例えば、直接肌にのせるスティック状になっているタイプや、コンパクトに入ったパウダータイプ、ブラシを使用するミネラルファンデーションまでがラインナップされています。成分はもちろん、カバー力や潤いなど、効果を実感できるベース選びはポイントですが、パフやブラシなどに着目することも重要です。刺激に弱い肌質であるため、付属されているパフは衛生的である必要があり、ブラシも水洗いできるタイプを選びます。さらに直接肌にのせるタイプは手が汚れないのが魅力ですが、パフに細菌が付着していると炎症やかぶれの原因となりやすく、新品のパフやブラシを使用するだけで、肌にも塗りやすく、仕上がりや刺激レスにまで結びつく内容です。