敏感肌にも馴染むファンデーション|下地作りの強い味方

乾燥した肌をケアするには

肌ケア

乾燥しやすい肌の原因とは

きれいな肌は、水分も多く、肌表面の刺激などもしっかりと防ぎます。しかし、乾燥肌の場合には、水分が少なくかさついていて、また、外部からの刺激を受けやすい傾向があります。肌の内部にはる細胞間脂質は、外部からの刺激を防ぎ体内の水分の蒸発を抑える役割があります。しかし、加齢や食生活や生活習慣が乱れ、スキンケアの仕方が間違っているなどの原因により、肌のうるおいが保てなくなり、肌荒れや乾燥肌の原因になってしまいます。食生活では、ダイエットや偏食などにより、肌に対して悪影響を与える場合があり、近年では高齢者だけでなく10代の若者でも肌の乾燥に悩む方も増加傾向にあります。また、睡眠不足や、ストレスなどでも、角質層の保湿する機能が崩れる場合があります。

肌に合った化粧品を選ぼう

食生活や生活習慣の乱れに関しては、自分で工夫してある程度改善することで乾燥肌を緩和することができるでしょう。また、肌のケアをするには、自分の肌の状況に合った化粧品選びも大切です。特に乾燥肌の場合には、化粧水を選ぶ時高保湿成分の入った化粧水を選ぶといいでしょう。肌にうるおいを与え、さらにしっかりと保湿してくれます。また、乾燥肌がそれほど酷くない時期など軽度の場合には、価格が安くそこそこの効果のある化粧水を選ぶのもいいでしょう。その他にも乾燥肌の場合には、刺激の強い化粧品は避けるようにしましょう。乾燥肌の症状が軽い場合には、それほど問題にはなりませんが、症状が重い場合などは、肌に対して刺激が強すぎることもあります。できるだけ自分の肌の状態に合わせた化粧水などを選ぶように心がけましょう。