敏感肌にも馴染むファンデーション|下地作りの強い味方

商品が活躍しつつあります

洗顔

方法も大切です

敏感肌の人の場合、クレンジングの商品選びも大切ですが、クレンジング方法も大切となります。クレンジングといえば汚れを落とすものであるため、ごしごし洗い落したり、長時間クレンジング剤を肌につけている人がいます。しかし、それは例え肌に化粧品が残っていたとしても逆効果と言えます。ごしごし洗うのではなく、汚れを浮かせる感じの顔のタッチが必要となります。また、例え低刺激のクレンジング剤といえどもクレンジング剤そのものは肌をどうしても傷める作りになっています。そのため、例え汚れが残っていても1分以上洗うことは肌を傷めることが考えられます。特に敏感肌の人は少しの刺激で肌トラブルが起こりやすいため、より肌にダメージを与える方法は避ける必要があります。

時代にも影響しています

近年では敏感肌用のクレンジングも増えてきました。特に高齢化の流れからエイジングケアにも対応したものが増えてきており、今後高齢化の流れからどんどん増えていくことが考えられます。また、クレンジングの機能性もアップしてきています。勿論汚れも落とすことも大切ですが、汚れ機能に重点を置くとどうしても化学物質などの添加物が増えます。それは決して敏感肌用でないと言えます。しかし、肌に優しいクレンジング性のある成分として天然由来のオイルなどが挙げられます。それらが、近年エイジングケア専用商品も含んだ敏感肌用化粧品にどんどん使われるようになりました。こういった成分によって肌に低刺激で汚れも落ちるクレンジングを実現させており、今後活躍することが考えられます。